おしらせ

平成23年度 QBPワークショップ(2011/10/28・29)

九州インターネットプロジェクト(QBP)では、九州におけるICT研究開発の推進や研究者交流の促進を目的に、最先端のネットワーク技術やITを取り巻く環境等について、その分野における第一人者に基調講演や発表・報告をいただく「QBPワークショップ」を以下のとおり開催いたします。

日時 平成23年10月28日(金)13:00〜29日(土)12:00
*以下の施設への宿泊を伴います。
場所 神湊(こうのみなと)スカイホテル
(福岡県宗像市神湊651−2)
*JR東郷駅からホテルまでの送迎バス(12:00便及び12:30便の2便)を用意します。東郷駅北口にてお待ちください。
*28日の昼食は各自でお取りください。
対象 IT分野に携わる研究者、技術者等
参加費 14,000円(但し日帰りの場合は6,000円)
参加申込 締め切りました
参加申込締切 10月21日17:00

プログラム

【28日】

13:00 - 13:10 オープニングプレナリ QBP会長 尾家祐二
13:10 - 15:10 新世代ネットワーク潮流
  • 「コンテンツオリエンテッドネットワーク」
    関西大学システム理工学部
    教授
    山本 幹様
  • 「新世代インターネットのアーキテクチャとQoS/QoE」
    東京工業大学学術国際情報センター
    准教授
    飯田 勝吉様
  • 「呼制御システムのクラウド化技術」
    株式会社KDDI研究所
    モバイルネットワークグループ主任研究員
    北辻 佳憲様
15:20 - 16:40 医療における情報化動向
  • 「脳情報科学の展開」
    九州大学大学院システム情報科学研究院情報学部門(知能科学)教授
    九州大学大学院 システム生命科学府 学府長
    伊良皆 啓治様
  • 「地域支援病院における院内・院外での医療情報活用とその課題」
    九州厚生年金病院
    医療情報部部長・臨床病理検査科部長
    野間 充様
16:50 - 18:10 災害時におけるネットワーク将来像
  • 「東日本大震災被災地における通信確保に向けた取り組み
    〜災害現場で本当に必要なものは何だったのか〜」

    NPO法人ゴーフォワードジャパン
    理事長
    大橋 裕司様
 
  • 「大災害に備えるネットワーク社会とは?
    〜情報支援プラボノ・プラットフォームなど」

    ハイパーネットワーク社会研究所
    事務局長
    青木 栄二様
19:40 - 21:00 パネルセッション
  • 「北九州市でICTを楽しもう」
    座長
    長岡技術科学大学 教授 山崎 克之 氏 

【29日】

9:00 - 10:20 自治体における最新技術の取り組み
  • 「宮崎県における自治体クラウドの取り組みについて」
    宮崎県県民政策部情報政策課
    IT調達支援担当
    主幹
    井上 英幸様
  • 「北九州市スマートコミュニティ創造事業」
    北九州市環境局環境未来都市推進室
    スマートコミュニティ担当課長
    柴田 泰平様
10:30 - 11:50 企業における最新技術の取り組み
  • 「ネットワーク省電力化を実現する運用管理技術の研究開発」
    株式会社富士通研究所ネットワーク方式研究部
    兼)富士通株式会社ハイブリッドビジネス事業部開発部
    今井 悟史様
  • 「Hadoopによる大規模データ処理」
    株式会社ネクスト リッテル研究所
    所長
    清田 陽司様
11:50 - 12:00 ワークショップ総括 QBP会長 尾家 祐二